FX researcher

FXは悪魔なのか・・天使なのか・・実戦勝負で検証!!EA及びスキャルピングで果たしてどこまで稼げるのか!!!
更新:Greenwich Mean Time 00:00
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相場の格言には、5月に株を売って遊びに出かけろ!というものがあります。
対照的に10月に株を買えというものもあります。
このように昨年取引していればどうなったでしょうか??
株価指数だけをみても面白いデータというか、視覚的に転換点が見えてきますよね。

【2012~2013.4.15現在の日経平均:週足】
日経週足2013.4.15 

日経にしてもダウにしても・・・
もう直ぐ5月です。
日経もダウも高値圏に張り付いた状態です!!

さて、どうしましょうか・・・・・

まぁ、何の根拠もなく売り抜くこともないと思いますが、このところの為替・株・債権市場の動きを見れば過熱感は相当なものです。
一種の金融バブル状態になっていますので、どこかが崩れれば一気に雪崩のごとく波及するものと思います。
その兆候として、短期国債先物での金利の動きを見れば一目瞭然で市場が振り回されているのがわかります。
2年債・5年債に至っては暴落(金利上昇)といってもいいほどの荒い動きになってます。
このまま落ち着いてくれれば問題ありませんが、長期への波及と・・更なる円安へ動きも要警戒です。

短期国債2013.4.15 

という視点からも・・・Sell in MAY.

さぁ、9月末頃にはどうなっているでしょうか??



Consistency
is a key to succesful investments !



 にほんブログ村 <br <br <br /><br /><br />/>/>為替ブログへ

4月4日の日銀政策決定会合で、まさかのサプライズとなりました。
政府・マスゴミは挙って今回の黒田日銀総裁の決定を評価しておりますが、果たしてそこに隠されたリスクに何処まで対応が出来るかはっきりと説明責任を果たしていただきたいものです。
正直、私にとっては逆の意味(悪い)でのサプライズになったので、今後はこちらとしても最大限のリスク管理での市場参加となります。

さて、異次元ともバズーカー砲とも言われる270兆円の金融緩和、日銀マネタリーベースを2014年末までに現在の138兆円から、ほぼ倍にするというものです。
その目的は、物価目標を2年で2%になります。
そうすことによって、世の中に大量のMoneyが出回りインフレ期待の上昇につながるというものです。
そして、株高・円安により景気が好転し、物価上昇。

この期に及んで??
どうして、今までやることが出来なかったのさ、官僚さん。
既にこの人たちの頭の中はメルトダウンしているとしか思えません。
もしかしたら、布石が打たれているからこそ強行できる手段なのか・・・
なるほど、何処が、、、誰が一番得をするのかを考えるとなんとなくわかる?かも?

次に、長期国債保有を89兆から190兆円に拡大。
日銀の国債保有率が・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・仮にでも金利が上昇した場合はどうなるのでしょうか?
関係者は、直ぐには金利の上昇には繋がることはないと言っておりますが、直ぐとは・・・いつかはなるということでしょうか?!
株価も為替も市場原理の中で動いております。
一国だけの思惑通りに行かないのは世界を見れば判断できます。
いくらなんでも、現政策が株高・円安誘導したところで長続きはしないのはもちろん
、想定以上の動きなることもあると思います。
要するに過度のハイパーインフレへの突入懸念が出てきます。

1ドル120円・・・・140円・・・180円は序の口。
1ドル240円・・・・360円は許容範囲・
1ドル500円~~~はナイアガラとなり、お得意の想定外”。

そして、ある日・・・首相官邸から緊急ニュースが流れる・・・

想定外”の事象により、本日・・・円が暴落しました。』
『もちろん、今回のことは想定外”の為、緊急対策会議を行いましたが・・・』
『ついに、金融緊急処置令を発動することになりました』
『今後は、皆様の預金は全て政府の物となります。預金封鎖ではなくもちろん想定外”なので全没収となります』
『では、皆様・・・日本銀行券が紙くずにならない前に、早急にお手持ちの現金を使いまくって下さい』
『こんな想定外”の事が、この日本で起こるとは考えもしませんでしたが、、、ついに現実のものとなってしまった事をお許し下さい』

まぁ、最悪のストーリー的にはこんな感じでしょうか。

今回の件は、TPP問題にも繋がっていくことになると考えられます。
もしかすると最悪のシナリオはこちらの方が上かもしれません。
キーワードは、TPP・円安・多国籍企業・郵貯・保険・金融・日銀株主
これで、ピンと来るあなたはは大丈夫!!

要は安くなった円で外貨に対抗する術はなく、最悪の【X-DAY】というシナリオも想定しなければならないのかもしれません。

さて、今月は
  • 北朝鮮情勢『10日以降に衝突が起きた場合、安全を保障できない』との退避勧告を平壌に駐在する外国の大使館に出したようです。
  • 11日に30年利付国債6000億程度の入札があります。今週は国債先物でサーキットブレーカーが2回も発動された事実もありますので、ひとつ注意したいところです。
  • 15日は、一ヶ月ほど続いているキプロス銀行の預金封鎖が一部報道によると、ようやく解除されるようです。
  • 26日は、日銀による「経済・物価 情勢の展望(基本的見解)」を公表となります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
普段はよほどのことがない限り、邦画は見ないのですが・・・・・
先日、相棒X-DAYを見て来ました。
さて、『所詮は映画・ドラマのStoryさッ』と見るのか・・・。
それとも、日本の現状を重ねつつ見るか・・・。
最近の市場状況などに興味があれば、少しは楽しめるのでは。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


映画『相棒シリーズ X DAY』予告編





更に突っ込みたい方は、 NHKスペシャル 『日本国債』




Consistency
is a key to succesful investments !



 にほんブログ村 <br <br <br /><br /><br />/>/>為替ブログへ


いいいよ・・・・・
ロシアがルーレットを回し始めました。
今後のプーチン(ロシア) VS トロイカ(EU・IMF・ECB)からは目が話せないですね。
こちらとしては、プーチン大勝利を祈りたいところですが、、、
そうは簡単にトロイカは屈しないでしょう。
金融(銀行)の歴史を考えれば、昨今の銀行システムを構築してきた欧州銀行家らには莫大な権力と資産がありますので、小国キプロス(ユーロ圏GDP比0.2%程度)とて決して、ロシアには譲りたくないところでしょう。
ロシアにとっても、キプロス銀行預金の30%程度はタックスへイブンにより、ロシアの金融機関や富裕層になりますので、支援条件の58億ユーロのほとんどを負担となり、最大40%の損失負担とも言われておりますので、簡単には解決の道を歩むのは難しいのではないでしょうか?
まぁ、仮にキグジット(キプロス離脱)となれば、多少の損失は被ったとしてもロシアにとってはチャンス到来です。

さて、ルーレットはどこで止まるのか!!!

まぁ、今回のキプロスの件は今後、日本でも起こりうるリスクの想定としては十分に参考になります。
ペイオフ(預金保護)なんてものは簡単にひっくり返されるリスクが浮き彫りに、現在の日本の場合は全額保護の上限は1000万円です。仮にも上限引き下げとなればたまったものではないですね。
戦後の日本は1946年2月17日付けの朝日新聞に『今日から預金封鎖』『経済危機突破への非常処置』の見出しが出ました。このように、事が起こるときには突然やってきます。
『来週から預金封鎖するから、みなさんしっかり管理・出金してくださいねーー』などと緊急放送でもしてくれたらいいんですが、政府は銀行を守るために何でもやってきますので・・・静かに・・・突然が当たり前です。


さて、時がきた(^^-
今年の6月に香港&シンガポールへのダブル渡航が決定しました。
何の為かと、ピンと来る方は・・・その通りです、正解!!

では、本日はここまで

3/26追記:
ドイツとロシアの攻防戦が激しくなりつつあります。
欧州連合とユーラシア同盟がキプロス問題絡みで衝突か?
ロシアは、EUへの返答として、ロシア国内のドイツ企業の資産凍結、もしくは資産に対する課税を検討しだした模様です。
ルーレットが確実に回っているようですね。



Consistency
is a key to succesful trade !



 にほんブログ村 <br <br <br /><br /><br />/>/>為替ブログへ

市場では円安・株高が継続しておりますが、この流れが今後も続くのでしょうか?
日本のキーポイントなるイベントも期末及び4月4日の日銀政策会合+4月26日に「経済・物価 情勢の展望(基本的見解)」を公表などが注目されています。

米国では、3月1日に歳出の強制削減が決定しております。今後3月27日には、暫定予算の執行期限が迫ってきますので米政府機関が閉鎖に陥ることになるかもしれません。
しかし、またまたお得意の先送り作戦が炸裂となっても、5月中旬には債務上限の上積みが期限切れになります。
要するに、米国債の新規発行が出来なくなるということです。

欧州では、先日のイタリア総選挙の行方や国債利回りの上昇がひとつのポイントになると思われます。
根強いソブリンリスクの再燃も気になるところでしょう。

日本では相変わらず、安ベコベみくすで円安100円!!株価は期末13000円!と白黒オセロゲームを楽しんでいるようですが、マスコミには勝手に盛り上がっていてくださいといいたいところです。
今後気になるところとしては、、、やはりTPP問題です。これだけは、断固として阻止しなければ日本の将来はないと考えます。
もちろん、個人投資家に対しても一気に規制が進むことも考えられます。
・・・15日にも交渉参加表明だとぉぉ???そもそも日本には拒否権なんて最初からありませんからね。
TPPではないが、そんなに交渉力があるならば、とっとと沖縄米軍基地問題・尖閣問題・竹島問題などはその有能な交渉力で片付けられますよね。
まぁ、米国も上記に示したように危機的状況になりつつありますので、日本への裏圧力も相当高くなっていることと考えられます。

『ヘイ、JAPANよ、、、オイラと道連れになるか・・・それとも、オイラの言いなりになるか決めろ!!言わなくても、わかってるよな・・・アッっベーー』

『アっッ・・YES、もちろんでミックス』

さて、市場の話に戻るとして【ブラック・スワン】のリスク警戒が徐々に出てきています。
元記事:
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130312-00000048-biz_reut-nb
こういうときには、どんな些細なことでも一気に崩れますので・・・やはり常にプット買い一本!!

しかし、ダウの上昇とは裏腹にアップルが弱いなぁ・・やはり半値狙いか?!


Consistency
is a key to succesful forex trade !



 にほんブログ村 <br <br <br /><br /><br />/>/>為替ブログへ


月日が経つのは早いものです。
もうすぐ、2011年3月11日に起きた東日本大震災から2年の月日が過ぎようとしています。
未だに行方不明の方もおられます。
ご家族の心情を考えるといたたまれません。
心からのご冥福をお祈り申し上げます。

しかし、福島第一原発の放射能問題は、どうなっているのか??
調べれば様々な問題が浮き彫りになってきます。

追記:『ドイツZDF-Frontal21 福島原発事故、その後(日本語字幕) 拡散希望!!』

http://youtu.be/VpdrvozDJJo

真実は如何に・・・

FRYING DUTCHMAN "humanERROR"
http://m.youtube.com/watch?v=ENBV0oUjvs0

被災者へのレクイエム・・・

長渕剛ーひとつ・・・







Consistency
is a key to succesful forex trade !



 にほんブログ村 <br <br <br /><br /><br />/>/>為替ブログへ

Before  | Copyright © FX researcher All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
SEO対策:デイトレードSEO対策:システムトレードSEO対策SEO対策:FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。