FX researcher

FXは悪魔なのか・・天使なのか・・実戦勝負で検証!!EA及びスキャルピングで果たしてどこまで稼げるのか!!!
更新:Greenwich Mean Time 00:00
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅かれ早かれ米国の財政危機は回避できない状態に来ていると思われます。
目先の米国債務上限引き上げに伴う懸念材料に溢れてますからね。
米政府の借金上限は約1630兆円ですが、既に借金が出来ないところまできています。
米民主党と共和党はお互いに強硬な姿勢ですから、このまま17日を迎える可能性は十分にあります。
こんなことが起こればどうなるか予想は出来ません。考えられることは、株から債権など何でも売れるものはとにかく売られることは間違いありませんので、10月3日には直近平均2.4倍の取引高を出したVIX指数の上昇と共に世界へ広がりを見せることになります。

シナリオ:米国初のデフォルトはどう起こるか

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE99305X20131004?pageNumber=3&virtualBrandChannel=0&sp=true
引用:

[ワシントン 4日 ロイター] - 米議会が債務上限引き上げで合意しなければ、米債務は17日にも16兆7000億ドルの上限に到達する見通し。財務省の日々の収支がどうなるのか正確には分からないため、デフォルト(債務不履行)がいつ、どのように発生するのか予測するのは難しい。

しかし、財務省の過去の同時期の銀行との取引明細書を見れば、今後どのぐらいのペースで資金が枯渇していくのか推測することは可能。以下、財務省の2012年10─11月の取引明細書を基にデフォルト前後に予想される展開をまとめた。

<10月17日>

財務省は借り入れを上限以下に抑えるための手段を使い果たし、債券の新規発行が一切できなくなる。この日は67億5000万ドルの税収が見込まれるが、社会保障関連で109億ドルの支出がある。こうした収支の結果、最終的な手元資金は275億ドル程度になる見通しだ。

<10月18─29日>

この時期、財務省の手元資金は急激に減少する。支出1ドルに対して収入70セントとなり、差額を賄うための新規債券発行もできない。

22日には収入が支出を35億ドル上回る見通しで、状況は一時的に好転する。ただそれも長くは続かず、24日には再び資金繰りが厳しくなる。財務省はこの日、軍事関連の下請け業者への支払いが18億ドル、メディケア(高齢者医療保険)に基づく医師・病院への支払いが22億ドル、社会保障関連で111億ドルの支払いが見込まれている。これに対して、税収・その他の収入はわずか96億ドルと見込まれる。

この時点で、米債券への信頼感が失われる可能性がある。政府はもはや債券を発行することはできないが、償還を迎えた債券を借り換えることは可能。投資家は毎週、1000億ドルの米債券をキャッシュアウトする機会があるが、再投資を選択することが多い。デフォルトへの警戒感から再投資が敬遠されれば、財務省の資金繰りは一挙に崩壊する。

<10月30日>

デフォルト発生。政府は70億ドルの支払いが履行できない状況に陥る。

財務省は、どの支払いを履行するか選択することはできないとしている。同様の事態に直面した2011年、財務省はすべての支払いを履行するだけの資金を確保するまで支払いを実施しない計画を立てたとされる。

そのような措置を今回もとった場合、学校向けの6億8000万ドル、福祉関連の5億5300万ドル、防衛関連の9億7200万ドルの支払いが履行されないことになる。

政府を主要顧客とする企業が受ける打撃は大きい。

デフォルトが続くに伴い支払い遅延が長期化し、数日間で数十億ドルの経済損失となる。

<10月31日>

今年のハロウィーンは、60億ドルの国債利払い日でもある。

利払いができなければ、米国債投資にはリスクがないという前提が揺らぐ。これまで確実に償還されてきたことから、世界で最も低いレベルに抑えられてきた金利は上昇することがほぼ確実。株式市場は急落し、消費者の財布のひもは固くなり、景気は一段と悪化する。

この日から財務省は厳しい決断を下し始めることになる。中国の債券保有者に支払うか、それともアフガニスタンに駐留する軍に資金を提供するのか。オバマ政権は優先順位は付けられないとしているが、アナリストは、政権が少なくとも優先順位付けを試みるとみている。

この分析に協力してくれたシンクタンク、超党派政策センターのアナリスト、ブライアン・コリンズ氏は「期日に利払いできないのは、他の支払いができないことよりも深刻な事態」と指摘した。

<11月1日>

この日をもって、米政府は未踏の領域に入る。

理論上、政府はいつまでも債券保有者が損失を被らない状態にしておくことが可能。利払いをしても余りある税収があり、財務省は他の債務と別のシステムを通じて債券保有者に支払いができるからだ。

ただそれは、債券以外の支払いがより遅れることを意味する。米軍は賃借料を払えず、年金生活者は日々の買い物にも困る可能性がある。

一方、もし財務省がハロウィーンの利払いを履行せず、政権与党と野党の対立が解消されない場合、米国の信用力低下につながる。米ドル、アジアでの銀行融資、イリノイ州の農作物保険コストなど、あらゆる金融商品の価値に疑問符が付く。

財務省は3日に公表した報告書で「デフォルトすれば前代未聞で壊滅的な打撃となる可能性がある」とし、「負の波及効果が世界に広がる可能性がある」と指摘した。
引用終了:


そもそも、何故こんな事態を招くのか不思議に思ったことはないでしょうか?
資本主義の弱点はバブルです。無から有を作り出すシステムこそ確信に迫るまやかしになります。
これが一旦崩れると、国際金融資本が崩壊に向かうことは十分に考えられるでしょう。

しかし、あくまでも個人的な見解ですが、日本も大きなダメージを受け、世界的に金融恐慌に突入したとしても、米国がデフォルトしてくれた方がその後の世界経済の安定化及び活性化に繋がるものと考えてます。
要するにリセットです。同じ考え、同じ方法での再スタートでは決してありません。


今月のキーワードは
  • 米国デフォルト懸念 (重要期間:10月17日~11月1日)
Consistency is a key to succesful investments ! 

 にほんブログ村 <br <br <br /><br /><br />/>/>為替ブログへ

今後の日本はどうなるのか?
市場にリスクをさらしている以上、この問題からは逃げられません。
参院選挙の結果を受け、これから更に現政権が大きく動きだす事だろう。
その方向性が、本当に日本を取り戻す事なのか、逆に売り渡すことになるのか・・・皆様の見解も様々と思われます。
が、しかし、消費増税問題・原発再稼動問題・社会保障問題・TPP問題・改憲問題と問題点を挙げればどんどん出てきますね。
政府が進む方向と国民が望む方向のずれは今に始まったことではありませんが・・・。

さて、私たちはお金という信用で作られた紙切れ&電子化された実体のない数字に翻弄されています。
所詮、お金は天下の回り物です。如何に効率よく運用するのかリスク管理の下で投資資産配分をしているだけに過ぎません。完璧な投資法なんてものは存在しませんので、資産状況に合わせた無理のない投資をオススメします。
まぁ、こちらでは口座別に破産率を極力下げたローリスクローリターンと、破産率高のハイリスクハイリターンの両方で楽しんでいますが、来月からは今まで以上に現物・ETF等にも分散しながらより幅広くグローバル環境をうまく使っていきたいと考えてます。

先日、日本の借金が1000兆円超えのニュースになっていましたね。
『今更、、、そんなこと、、、わかりきってるでしょ。だからどうやって対処すんですか?』
13年度末には、1100兆円を超えてくる試算が財務省からも出てきています。
さて、何らかの対策をしておいても損はないでしょう。
得はもちろんなのですが、これからは今後被る・・・カモしれない大損を如何に軽減するか。
備えあれば・・・なんとやら。

今月のキーワードは
  • 8月の円高アノマリー
  • 45日前ルール
  • ヘッジファンド休み後の動き
そういえば、最近はまっているのが、MindMeister
頭の中の整理に使ってみてください。もちろん無料ですよ。



Consistency is a key to succesful investments ! 

 にほんブログ村 <br <br <br /><br /><br />/>/>為替ブログへ

6月のバーナンキショック依頼、世界的に金融市場が荒れ模様になってきました。
FRBの量的緩和終了に伴い資金の供給量が減少することにより投資家心理に影響が出ているようです。
いつまでも、中央銀行という厄介な存在が実体のないマネーを刷り出すことは何れ大きなツケとなって帰ってきます。

その時、、、
この金融システムは今後どうなるのでしょうか?

日本は・・・
中国は・・・
米国は・・・
ユーロは・・・

どこかがぶっ飛べば確実に他国への波及は避けられません。
日本も無傷でいることは不可能でしょう。
まぁ、日本が株価だけは上げたいという要因は分かりますが、デフレ経済を克服する為に設定したインフレターゲットについては、肯定派も否定派も含めて様々な意見がありますが、、、現在の社会福祉制度や国の借金を考えると最も困難なナローパスに挑戦しているように思えます。

今後、何事も起きなければ問題ありません。
しかし、リスクを取ってマーケットに参加している以上、最低最大限のリスク管理で挑みたいものです。

そういえば、シンガポールに現物の金が集まってきています。
まず、新しいところで6月にドイツ銀行が金保管庫を開設。
JPモルガン・英ゴールドマネーなども既にあります。
金価格も25%程下がってますが、$1000割れたら現物もしくはCFDで買っても面白そうです。

7月に入り日銀短観が発表されましたが3月と6月では、
全体では改善してますが、まだマイナス圏。
良いのは大企業のみで、中堅・中小は崩壊気味となってますので、日本経済の実態が現れてます。
参院選挙までは、なんとしても株高維持を狙っているようにみえる政策ですが、今年の夏場の相場に注目したいところです。
本格的に買い戻すタイミングとしては秋からでも遅くなさそうな気もしますが・・・7-9月期の身極めでしょうか?

直近の債権市場のチャートです。
日本長期(10年債)の0.9%の攻防が見物ですね。

B2201307


2013年も折り返しとなりましたので、後半戦もがんばっていきましょう(^^



では、今月の注目は
  • 中国と債権市場の動向でしょう


Consistency
is a key to succesful investments !



 にほんブログ村 <br <br <br /><br /><br />/>/>為替ブログへ


にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
こちらでは、いつかいつかと予想はしておりましたが、Sell in May,,,日経平均の暴落が来ましたね。
密かにとういか・・・オプションのプット買いは常備していて正解です。ご馳走様でした!!

さて、シンガポール&香港&マレーシアの渡航から無事に帰ってきました。
今回はとにかく疲れました。

何しに行ったのか??・・・・・

もちろん、既存海外口座の資金受入れ先の銀行口座開設です。
何が何でも必要とは思う人は少ないかもしれませんが、よーく考えてくださいね。
円資産と外貨資産の分散効力は、大きなリスク管理になりますよね。
例えば、円と外貨の比率が50/50ならば円高になろうが円安になろうが一喜一憂する事がありません。

今回行ったシンガポールでは口座開設が非常に難しくなってきているようです。
特にローカル銀行となると難しいですよ。
先ずは英語力は必須なのは当然です。
銀行にいくと真っ先に聞かれるのが、ワーキングビザを持っているかということ、、、持っていない場合はその場で断られます。しかし、何故口座開設が必要かという理由を説明し、有効的な書類があれば問題なく対応してくれるはずです。

image.jpg

シンガポールでは、DBS銀行口座開設が完了です。
少し緊張はしましたが、事前に用意しておいたドキュメントを見せて、シンガポールでのDBS銀行の活用方法を具体的に説明したら、行員が開設手続きを始めたので、、、ここまでくれば、後はCardをもらうのみ。
所要時間としては、30分程度だった気がしますが、、、もう少しかかったような気もします。

DBS銀行の口座開設に興味があるようでしら、現地の優秀なエージェントをご紹介できると思います。
お気軽にコメントください。

image_20130614232829.jpg


次に、SGXでも取引をしたいと考えていましたのでフィリップ証券及び先物口座開設です。
これで、DBS銀行と資金を有効に活用できる環境が整いました。
もちろん、日本でのATM出金も可能です。
上記すべての最低預入金は合計S$18.000〜20.000必要になります。

香港では、現地エージェントを仲介に入れましたが、、、はっきり言えば簡単です。

image_20130614232828.jpg


香港では、HSBC香港の口座開設が完了しました。
まぁ、この銀行の有効活用は未定ですが、、、マルチカレンシー口座なので金利のいい通貨で中期的な定期預金にするか、ローリスクのファンドでも購入してみようかと検討中です。
しかし、シンガポールにて現地会社絡みからの情報ですが、HSBC香港は国税局からの圧力をかなり受けているらしいとの事を聞かされましたが、信じるか信じないかは、、、あなた次第。

マレーシアへは、噂のイスカンダル計画の視察と将来的な移住候補地としての視察をしてきました。
投資抜きで、、、住みたいなぁ。
移住に関しては、シンガポール法人を立ち上げる事を前提としておりますので、、、、ただ今調査継続中。


では、今月の注目は
  • FOMCと引き続き国債金利の動向でしょう


Consistency
is a key to succesful investments !



 にほんブログ村 <br <br <br /><br /><br />/>/>為替ブログへ


にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
Yesterday is history. Tomorrow is a mystery.
Today is a gift...that's why it is called the present.

これは、英語のことわざになります。
少し、違う言い方をすれば

Past is history. Future is a mystery.
We call now,,,as a present.


相場というものは非常に面白いものです。
まさに、先物ミステリー!!
最近の株式にしても為替にしても、天井が何処にあるのかなんてものは関係ない常態になってますからね。
しかし、いつかは短期的な天井きます。

そういえば、最近マスコミでも街角インタビューが増えてきましたね。

OL: 『最近、友達に薦められて株を買ったら、300万儲けました』
サラリーマン: 『100万が1000万になりました』
OL2: 『買ってれば儲かってしまいますから、アベ様さまです』

などなど、出るわ出るわの助長作戦 for abekobeMIX。
まさに、バブル状態そのものです。
こちらも先物ミステリーでは年利100%をあっという間に達成してしまいましたので、なんとも言えませんが!

まぁ、こんなマスコミ報道が流れるようになると意外と短期的な天井が近いのかも知れませんね。


さて、先週末にかけて債権先物市場が大きく動いています。
以下は、年チャート(米国・EU・日本の債権市場)
国債0512


4月の日銀金融緩和以後、日銀の思惑とは反対の方向に行ってます。
短期債(2年・5年)に関しては昨年同時期よりも金利が上昇=債券売り
長期債(10年・30年)は、日銀による買入れのお陰でなんとかレンジ内に収まっていますが、
テクニカル的な判断として、セリクラとなれば遅かれ早かれレンジブレイクも想定内。

基本的に今の株式・為替の上昇相場は8割方は海外投資家・ヘッジファンドによる日本株買い・円売りになっていますので
彼らも何れは売りに回る時がきます。
問題は、その時に買い方が何処まで支えきれるか??
株式・為替などよりも債券市場は規模が大き過ぎます。

しばらくは、債券市場から目が放せないと思いませんか?


気がつけば、来月の香港・シンガポール・マレーシアへの渡航が迫ってきました!

これは、自分とパートナーへのPRESENT

今回は、現地での予定がフルに詰まっていますので、事前準備をすることが非常に多いのですが・・・
ようやく、ひと段落といった感じです。

次回のブログ更新は帰国後に予定しております。

では、今月の注目は
  • 5/15頃・・・ヘッジファンドの決算を控えた動き=45日ルール


Consistency
is a key to succesful investments !



 にほんブログ村 <br <br <br /><br /><br />/>/>為替ブログへ


にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

Before  | Copyright © FX researcher All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
SEO対策:デイトレードSEO対策:システムトレードSEO対策SEO対策:FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。